淡路島と鳴門市を結ぶ「大鳴門橋」で渦潮を見る!

兵庫県淡路島と徳島県鳴門市を結ぶ「大鳴門橋」へ、渦潮を見に行ってきました!
ちょうど大潮の日だったのでこれは期待できそう・・・!

大鳴門橋の手前にある「大鳴門橋架橋記念館 エディ」にも行ってきたので併せてご紹介します。

まずは「鳴門公園駐車場」に車を駐める

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

渦潮が見れる「大鳴門橋遊歩道 渦の道」には専用駐車場がないため、手前にある「鳴門公園駐車場」へ車を駐めます。
料金は一日500円(乗用車の場合)。むむむ、結構しますね・・・。
駐車場は200台駐めることができるので広々としていました。
公園内にはお土産屋やカフェもあるので、渦潮を見た帰りにいかがでしょうか?

「大鳴門橋架橋記念館 エディ」でお得なチケットを購入

大鳴門橋架橋記念館 エディ
渦の道を目指して歩くと、途中に「エディ」という建物があります。
エディは大鳴門橋架橋を記念して造られた施設で、橋についての歴史や自然を学ぶことができます。

渦の道とエディの入館がセットになったお得なチケットがこちらで購入できるので、エディにも行くよ!という方は是非こちらでまずはチケットを購入してください。
エディ以外にも、観潮船やドイツ館といった別のセットチケットも販売されているので、まずは公式サイト要チェック!
渦の道の公式サイトはこちらから

しばらく歩くと、「渦の道」へ到着!

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

橋の下にある施設「渦の道」へ到着しました。
間近で見る大鳴門橋はめちゃくちゃ大きいです。そして、高速道路なので車の音が結構響く・・・。

エディでもらったパンフレットの「ドキドキ絶景スポット」をチェックしつつ、館内に入っていきます!

写真撮影スポット
入って早々に撮影スポットがあったのでパシャ(笑)

チケットを渡し、いざ海の真上へ!

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

職員さんにチケットを渡したら、いよいよ渦の道へ突入です。
橋の下に造られた施設なので、真下は海!鳴門海峡は波が激しめですね。
ところどころ、床がガラス張りになっている箇所があってスリルを楽しめます♪高所恐怖症の方は気をつけて!

肝心の渦潮は・・・??

この日は渦潮が現れやすいという大潮の日。時間もばっちり。さて、どんな感じかしら・・・

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

・・・・
・・・
・・
うーん、見えない!!!/(^o^)\
それっぽいのはいくつかあるのですが、パンフレットに載っているような「THE!渦潮!」という渦は現れませんでした・・・残念!><
どうやら遠くの方では渦が発生していたっぽいのですが、渦の道からだと遠くてあまり見えないところにあり。。船で行った方はきれいな渦が見れたのではないでしょうか?!

少々残念な結果になってしまいましたが、きれいな色をした海や荒々しい波は見る価値ありましたよ!

渦の道を出たら、次はエディへGO

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

渦潮の見頃の時間が迫っていたので、エディは最後に立ち寄りました。
す、涼しい〜〜!!生き返る〜〜!!!(※この日は猛暑でした)
順路に沿って見学していきます。お子さん向けかな?と思いましたが、流行りのVRもあるので大人も楽しめますよ!
また屋上は展望デッキになっていて大鳴門橋が見えます!とってもきれいなので是非屋上まで行ってみてください。

私のお気に入りは3Fにある「Play the Eddy!」というスペース。
部屋が暗くなっているのですが、一面海の映像が流れていて幻想的な空間になっています。
壁をさわったり、メガホンに向かって音を出すと泡の映像が流れるんです♪
そして、数分に一回のペースでショーが始まるのですが、これが結構迫力満点!ブクブク〜って音が心地よかった〜!

インフォメーション

住所 【鳴門公園駐車場(鳴門第1駐車場)】
〒772-0053
徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦福池

※渦の道とエディは、公園内にあります。
上記2施設の専用駐車場はないため、公園の駐車場に車を駐めてから徒歩で行きます。
徳島県三好市西祖谷山村善徳162-2

電話番号 【渦の道】088-683-6262
【エディ】088-687-1330
営業時間 時期により異なるため、公式サイトをご確認ください。
定休日 【渦の道】 3月、6月、9月、12月の第2月曜日
【エディ】なし
駐車場 あり(有料)
ホームページ https://www.uzunomichi.jp/
Facebook https://www.facebook.com/iyabijin

関連記事

  1. 大正ロマンを感じる、松山が誇る洋館「萬翠荘(ばんすいそう)」

  2. 高松の海沿いにある倉庫を使った複合商業施設「北浜alley」

  3. 香川県丸亀市の離島「本島(ほんじま)」へGO!丸亀港から牛島を経由して本島へ。

  4. 4,000円で宿泊!徳島市のコスパ最強ビジホ「宿屋ひわさ」でドリンク飲み放題&漫画読み放題!

  5. 数年ぶりのリオープン!駅前美術館「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(MIMOCA)」

  6. イリコ出汁がうまい!お遍路グルメ「たらいうどん新見屋」のたらいうどんを食べてきた

  1. 「居酒屋ダイニング いつもんとこ」でボリューム満点ランチ

    2020.10.22

  2. 土器町にオープンした「讃岐麺食堂 うどん縁や」でうどんランチ

    2020.10.17

  3. 村上海賊で有名な能島が間近で見られる!「能島水軍」で船に乗って…

    2020.10.09

  4. 愛媛・大島の「カレイ山展望公園」は、伯方・大島大橋と能島が一緒…

    2020.10.04

  5. 四万十川でサップ・カヌー体験!「withRIVER(ウィズリバー)」で初…

    2020.10.01

  1. 【坂出市】かき氷・タピオカ屋「chou2(シュシュ)」の絶品&写真映…

    2020.08.11

  2. 暑い日はかき氷に決まり!宇多津町「シェ・モーリー」

    2020.07.09

  3. バーもあるゲストハウス「内子晴れ」で贅沢なかき氷を食べてきた

    2019.10.07

  4. 今治市にある有名なかき氷店「登泉堂」で厳選された苺のかき氷を食…

    2019.07.09

  5. 休暇村瀬戸内東予シーサイドキャンプ場で釣り&キャンプ

    2019.07.07